COC事業説明

【究極の目標と地域志向大学宣言】

本事業の究極の目標は、地域を拠点に、県外と世界に誇れる、開かれた茨城の創造にあります。そのため、茨城大学は、「地域に学び、地域に還元し、地域と共に成長する拠点となること」を目指します。

それを実現するため、以下の2つを主な目的として本事業を展開します。

【事業の内容】

  • 地域課題の解決
    自治体をはじめ地域課題解決に取り組んでいる企業・団体等と連携して、人口減少地域の地域活性化、中小企業競争力強化支援、農業振興、地域の教育力向上支援の課題に取り組みます。
    その取り組みの中で、学生と教職員の活動を連動させ、地域の課題解決と活性化へ役立つ研究と実践を行います。また、地域人材のブラッシュアップによる地域の教育力向上を支援します。
  • 人材育成
    地域志向教育プログラムを新設し、地域での教育を通して、地域に頼られる学生を育成します。

なお、地域課題の解決と人材育成は、それぞれ別々に実施するわけではなく、地域課題を人材育成にも活用します。特に、PBL (課題をもとにその解決を通して学習する講義)においては、出来るだけ地域課題を題材にし、学生が現実の社会に触れ、実践的で主体的な学びとなるよう努めます。

【期待される波及効果】

PBLなどの教育は、学生の成長機会としてばかりでなく、地域住民や経営者等が学生から刺激を受けて、地域での役割を再認識する機会ともなることを期待しています。
こうした教育の波及効果に、研究・社会貢献の効果が相乗することで、地域住民が当事者意識を持って、地域の未来を考える社会を実現したいと考えます。

 

連携する自治体・企業等

茨城県、水戸市、日立市、阿見町、高萩市、常陸太田市、常陸大宮市、東海村、大洗町、茨城町
(株)常陽銀行、(株)筑波銀行、 (株)ひたちなかテクノセンター、(公財)日立地区産業支援センター、茨城産業会議

連携先を起点に広く地域の方々と交流しながら事業を進めます。

 

about