「茨城と向き合い、地域の未来づくりに参画できる人材の育成事業」

茨城大学は、文部科学省の平成26年度「地(知)の拠点事業(大学COC事業)に採択されました。

COC(センター・オブ・コミュニティ)事業は、「大学等が自治体と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を進める大学を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています」(文部科学省ホームページ)。

茨城大学はもともと地域に根付いた地域志向の大学ですが、COC事業を契機に、グローカルな視野を持ちながら、地域に学んで成長し、地域に還元するという地域志向を全学的・組織的に鮮明にし、大学と地域が共に成長する拠点となるべく、全学をあげてこの事業を推進します。

取組み期間は平成30年度までの5年間です。

お知らせ

平成28年度事業報告書

本学COC事業の平成28年度の取り組みについてまとめた事業報告書を掲載いたしますので、ご覧下さい。 表紙、巻頭言、目次 Ⅰ 事業の概要と平成28年度の活動(P1-4) Ⅱ 地域課題等の共有(P5-24) Ⅲ <教育>にお […]